Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
世界唯一!喜びの能力開発
あなたの愛と才能を全開し、「しあわせ全開」にします
言葉の力を付ける絶対記憶
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
3.多様な人から愛情の籠った声掛けを受ける  全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」
0

     

     

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     私事ですが、待望の初孫が今月10日(2019.08.10)に生まれました。

    結婚から31年経過していました。

     

    ・・・

     

     そこで、今週は、

     

     全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」

    ということで、全開の観点から書かせて頂いています。

     

     

    /全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」/

     

    1.三つ子の魂百までも

    2.三歳までは溺愛する

    3.多様な人から愛情の籠った声掛けを受ける

    4.豊かな音の中で育てる

    5.音から絵、字へと童話の読み聞かせを行う

    6.まとめ

     

     

    という流れで、記事を書かせて頂ければと

    考えています。

     

    本日は、

     

    3.多様な人から愛情の籠った声掛けを受ける

     

    です。

     

    /説明/

     

     40歳で起業し45歳の時には経営の限界に達してしまいました。

    その時に出会うことが出来たのが、目に見えない「音」でした。

     

     そこから開喜男♪(v^_^)vの全開への道が始まりました。

    「音」の本質を知ることが出来たため、同じように苦しむ方にも

    人生の限界を突破し開喜男と同じように全開への道を歩んで頂きたいと

    「音」の特性をフル活用した「脳力全開」という商品も作り上げることが出来ました。

     

    ・・・

     

     「音」を探求する中で

    音と同じように目に見えない私の心は、

    今まで声掛けしてくれた人たちの音から出来あがって

    いるのではないかと思うようになりました。

     

     例えば、私の例だと

    この平野町平地会心というトトロが住んでいるような

    田舎に住んでいます。

     

     私が幼少期の頃は、同じ部落に同級生もいましたし

    子供たちが10名くらいいたと思います。

     

     ほぼこのあたりの家は、田舎風の家なので家の前に

    敷地もあり、缶けり、陣屋取り、パッチン、ケンケンパなどで

    みんなで遊ぶに十分な広さも備えていました。もちろん、

    他を寄せ付けない気持ちにさせるような石垣などもありませんでした。

     

     お昼時だったりすると、食事を出してくれたりもしました。

     

     私は「あきおちゃん」と呼ばれていました。

    近所のおばさん(おかあさんが複数人増えた感じ)達が、

    「あきおちゃん、これ食べあれ食べ、元気か?大きくなったね」

    等々、数え切れないくらいの声掛けをほぼ毎日してくれました。

    今でもその光景が声掛けの「音」と共に、浮かんできます。

     

     家の中では大家族だったので、

    祖父母は1歳の頃には二人とも亡くなっていましたが、

    父母そして兄弟姉妹6名からは多くの声掛けを受けました。

     

     私の目に見えない心は、

    このような目に見えない私を愛してくれた

    ひとりひとりの「音」の声掛けに因って、

    育だって来れたことに気づけるようになり、

    声掛けして下さったひとりひとりに対して、

    深い感謝の念を持てるようになりました。

     

     まだしゃべることのできない赤ちゃんは、

    自らもしゃべることが出来るようになるために、

    最大限の利き耳を立てています。

     

     何も聴いていないのではなく、

    身体も自分で動かせないため全身耳だけと

    考えても間違いがないくらいです。

     

     こんな時に夫婦の喧嘩の声とか、

    怒りの入った声を聴くのは赤ちゃんの心に傷を残してしまいます。

     

     気持ちの良い暖かな太陽の日差しを浴びるように

    我が子に、

    多様な人から愛情の籠った声掛けを受けられる

    ように、して上げましょう。♪(v^_^)v。

     

     背景音としては、クラシックなどの

    名曲を一杯聴かせて上げましょう。♪(v^_^)v。

     

     

     それだけで、愛情豊かな子供に育ってくれますし

    学校へいきだすと、愛情を土台として、知能面でも

    優秀さを発揮してくれることでしょう。

     

     高いIQは、深いEQを土台として、育ちます。

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

    地球を愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    共感して下さり、

    ご一緒に実現を果たしていける

    と大変に嬉しく思います。

     

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

    困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『音絵字法』 | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2.三歳までは溺愛する  全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」
    0

       

       おはようございます。

      全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

       

       私事ですが、待望の初孫が今月10日(2019.08.10)に生まれました。

      結婚から31年経過していました。

       

       人の生命に関わることは、決められた時間を必要とするのですね。

      どんなに早くと思っても、受胎から10月10日(40週間)の期間を経て

      赤ちゃんは生まれてきます。

       

       この期間を人の力で短縮することはできません。

      これが天から与えられた地球上の生命時間というものでしょうか?

       

      ・・・

       

       そこで、今週は、

       

       全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」

      ということで、全開の観点から書かせて頂いています。

       

       

      /全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」/

       

      1.三つ子の魂百までも

      2.三歳までは溺愛する

      3.多様な人から愛情の籠った声掛けを受ける

      4.豊かな音の中で育てる

      5.音から絵、字へと童話の読み聞かせを行う

      6.まとめ

       

       

      という流れで、記事を書かせて頂ければと

      考えています。

       

      本日は、

       

      2.三歳までは溺愛する

       

      です。

       

      /説明/

       

       本日アップした図は、

      赤ちゃんが胎内にいる期間、40週間(十月十日)は、
      40週間×7日 = 280日 = 40日×7ステップ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      であり、

       

      胎内の7ステップと赤ちゃんとして生まれ落ちてから

      幼少期の7歳までが同じ時を刻んでいることを示しています。
       

      一生は7年サイクルで送るようになっていると

      伝える教えもいくつか出会いました。

       

      この7年後 少年期を過ぎて15歳で元服です。

      更に7年後 21歳となり、成人(成神)となります。

       

      ・・・

       

      生まれてからの3年間は、

      特に溺愛されてでも親(父母)の愛を

      十二分に受けるときです。(v^_^)v。

       

      3歳までに父母の愛を十二分に受けた子は、

      受けた愛を土台として、人格を備えていきます。

       

      特に3歳までは叱るのではなく、

      溺愛するぐらい思いっきり抱きしめて

      親の愛で一杯に満たしてあげましょう。

       

       

      何にも言えるのですが、

      EQ面で満たされた後の

      IQ面での成長には著しいものがあります。

      愛が土台で知恵が伸び、

      EQが土台としてIQがどこまでも成長して参ります。

       

       

       

      (備考)

       

      全開の果たすべき天命は、

       

      人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

      地球を愛と和と創造の星にする

       

      ところにゴールを設定しています。

       

      共感して下さり、

      ご一緒に実現を果たしていける

      と大変に嬉しく思います。

       

       

      皆様、及び 皆様の御家族

      そして、全人類の愛と才能が全開して、

      それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

      満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

       

       

      皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

       

       

      どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

      困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

       

      喜びの能力開発「脳力全開」

      全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

       

       

      泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

      日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

      なぜなら、神様は、

      最高の喜びの神であると共に

      どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

       

       

      posted by: 開喜男(あきお) | 『音絵字法』 | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1.三つ子の魂百までも  全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」
      0

         

         

         おはようございます。

        全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

         

         私事ですが、待望の初孫が今月10日(2019.08.10)に生まれました。

        結婚から31年経過していました。

         

         人の生命に関わることは、決められた時間を必要とするのですね。

        どんなに早くと思っても、受胎から10月10日(40週間)の期間を経て

        赤ちゃんは生まれてきます。

         

         この期間を人の力で短縮することはできません。

        これが天から与えられた地球上の生命時間というものでしょうか?

         

        ・・・

         

         そこで、今週は、

         

         全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」

        ということで、全開の観点から書いてみたいと考えました。

         

         

        /全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」/

         

        1.三つ子の魂百までも

        2.三歳までは溺愛する

        3.多様な人から愛情の籠った声掛けを受ける

        4.豊かな音の中で育てる

        5.音から絵、字へと童話の読み聞かせを行う

        6.まとめ

         

         

        という流れで、記事を書かせて頂ければと

        考えています。

         

        本日は、

         

        1.三つ子の魂百までも

         

        です。

         

        /説明/

         

         まず、この話題ですぐに出てくるのが

        何度もご紹介しておりますが、

        「胎児はみんな天才だ」(ジツコ スエディック著、詳伝社)
        の本です。

         

         独特の「EQ」と「IQ」の「胎内教育」により、
        IQ160以上のお子様を4人誕生させます。
        産まれて2週間後には、単語をしゃべっていたという
        のには驚きを隠せませんでした。

         

         理想的な胎内教育だと思っています。

        その教育の上に生まれてくると、3歳までの育て方も

        本当に楽になると思われます。

         

         私は知っていながら、娘も遠くに嫁いだため

        本はプレゼントしたり、生命サウンドプレーヤ

        を送りクラシックを始めとした名曲の中で育つようにと

        気を配りましたが、傍にはいないので、理想的には

        いきませんでした。

         

         頭で理解していても、実際に実践することとには、

        どうしてもギャップが出来てしまいますが、

        これから、赤ちゃんを産まれる方には、理想的な胎内教育の

        指導書としてぜひ読んで頂きたいと思っています。

         

         

        ・・・

         

         実は、全開教育では、

        この胎内教育のような内容を、

        もうすでに身体は大人になっていても、

        お母さんの胎内にいるような気持ちで十月十日(40週間)を

        暮らして頂くと、「胎児はみんな天才だ」で説明されていることと

        同じような成果が出て来ると想定して、出来あがっています。


        赤ちゃんが胎内にいる期間、40週間(十月十日)は、

        40週間×7日 = 280日 = 40日×7ステップ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        でもあります。

         それで、40日を一つのステップとして、
        速音聴を聴くプログラムとすれば良いとの着想
        を得たのです。

        (その他、細かな理由は、理由は、実際の教材の中で
        詳しく説明しております。)
         

         そのため、今現在

        どんな生死の限界に限界、

        能力の限界にいらっしゃる方でも、

         

        40週間×7日 = 280日 = 40日×7ステップ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        後(約一年後)には、

        愛も才能も再誕生できた人となることが出来るように

        なっています。

         

        才能的には、信じられないかと思いますが、

        全開として神童レベルになれるようゴール設定しています。

         

         

        (備考)

         

        全開の果たすべき天命は、

         

        人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

        地球を愛と和と創造の星にする

         

        ところにゴールを設定しています。

         

        共感して下さり、

        ご一緒に実現を果たしていける

        と大変に嬉しく思います。

         

         

        皆様、及び 皆様の御家族

        そして、全人類の愛と才能が全開して、

        それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

        満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

         

         

        皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

         

         

        どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

        困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

         

        喜びの能力開発「脳力全開」

        全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

         

         

        泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

        日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

        なぜなら、神様は、

        最高の喜びの神であると共に

        どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

         

         

        posted by: 開喜男(あきお) | 『音絵字法』 | 04:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
        全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」
        0

          2019.08.24撮影 田植え後11週間(77日後)待望の穂が出ました(^-^)
          田植え時の6月8日と比較してみてください。8日の写真はこちらをクリック。

           

           おはようございます。

          全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

           

           田植えから77日が過ぎました。

          あの赤子のように弱々しい苗が穂を付けました(^_^)。

          いつも40日×2=80日あたりで穂を付けます。

          そして、今から青年期を過ぎて成人期に入り、

          40日後の収穫へと向かいます。

           

           ほぼ、田植えから40日×3ステップで

          収穫となるために、全開でお伝えしている人の誕生数40日

          と合っているので、稲の収穫には特に思いが至ります。!(^^)!。

           

           

           今週も新しい一週間の始まりです。

           

           私事ですが、初孫が今月10日(2019.08.10)に生まれました。

           

          そこで、今週は、

           

          全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」

          ということで、全開の観点から書いてみたいと考えました。

           

           

          /全開が願う「赤ちゃんを育てる際の五つの基本実践」/

           

          1.三つ子の魂百までも

          2.三歳までは溺愛する

          3.多様な人から愛情の籠った声掛けを受ける

          4.豊かな音の中で育てる

          5.音から絵、字へと童話の読み聞かせを行う

          6.まとめ

           

           

          という流れで、記事を書かせて頂ければと

          考えています。

           

           

           

           

          (備考)

           

          全開の果たすべき天命は、

           

          人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

          地球を愛と和と創造の星にする

           

          ところにゴールを設定しています。

           

          共感して下さり、

          ご一緒に実現を果たしていける

          と大変に嬉しく思います。

           

           

          皆様、及び 皆様の御家族

          そして、全人類の愛と才能が全開して、

          それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

          満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

           

           

          皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

           

           

          どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

          困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

           

          喜びの能力開発「脳力全開」

          全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

           

           

          泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

          日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

          なぜなら、神様は、

          最高の喜びの神であると共に

          どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

           

           

           

           

          posted by: 開喜男(あきお) | 『音絵字法』 | 03:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
          愛は脳を活性化する
          0

            (田植えが終わった田で、鷺がドジョウを捕っています)

             

             おはようございます。

            全開への道案内人、開喜男でございます。

             

            7日間の天地創造数の一週間と考えると

            3日目となる火曜日です。

             

             

            高専の電気工学科卒業ですので、

            20歳で社会人になりました。

             

            机上の勉強が勉強と思っていた

            私の現実社会での能力は悲惨なものでした。

             

            どうやって自分の能力を上げられるかと

            考えた末に思いついたのは、

            「能力がないのではない。愛が足りないのだ」

            と思うことでした。

             

            なぜそんなことを思いついたのかと

            言いますと、中三の時が父が亡くなり、

            人生の根本的な回答に身近に答えてくれる人が

            いなくなり、それならいっそう宇宙(神)そのものを、

            自分の親として、宇宙(神)に人生の問題を問うて

            みる意識となっていたからでした。

             

            能力に関していうと、

            宇宙(神)は、全知全能です。

            では、なぜ全知全能かというと、全愛だからです。

             

            ですので、私も一歩でも宇宙(神)の愛に

            近づくことが出来たら、能力アップが可能となる

            のではないかと考えたのでした。

             

            EQとIQの関係でいえば、

            EQが愛、IQが能力。

            EQが高まれば、IQも高まっていくと。

             

            最近になって、そんなことを科学的に

            説明してくれている本と出会うことが出来ました。

             

            ◆/愛とは何か? by 「愛は脳を活性化する」より/
            
            
            「愛は脳を活性化する」本
            ページ83から引用させて頂きます。
            
            -------------
            
            困難や苦しみに出会ったとき、
            人は自分でそれに立ち向かい、
            
            その解決の道は自分で探り出す努力の中で、
            そのための脳の回路を形成する。
            
            そしてそれを乗り越えるステップを発見して、
            われわれは成長していく。
            
            こういう時、困難や苦しみから逃げないで
            立ち向かう勇気は、『愛』によってのみ与えられるだろう。
            
            『愛』は人が成長する源であり、
            心の活性化エネルギーなのである。
            
            脳にとっての最大の価値、
            それは活性化のもとは、
            関係欲求の充足であり、
            
            それは『愛』と言う概念で表現されるものなのである。
            
            
            

            
             

            皆様が今日も喜びに満ちた一日でありますように、

            祈っています。

             

            「喜びの意識」でいることで、願いの実現が早くなります。

             

            皆様が今日も一日神様の深い愛情で包まれますように!

             

            喜びの能力開発「脳力全開」

            全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

             

             

            泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

            日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

             

             

             

            posted by: 開喜男(あきお) | 『音絵字法』 | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) |