Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1.お金(富) /四種類の人生のどん底から立ち上がる方法/
0

     

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     

    「四種類の人生のどん底から立ち上がる方法」

    ということで、開喜男の個生に基づいて

    書いてみたいと考えました。
     

    /四種類の人生のどん底から立ち上がる方法/

     

    1.お金(富)

    2.個性

    3.愛

    4.健康

    5.我が手の平としあわせ感

    6.まとめ

     

    という流れで、記事を書かせて頂ければと

    考えています。

     

    本日は、

     

    1.お金(富)​

     

    です。

     

    /説明/

     

     40歳で起業してから 

    実は私はお金ではかなりの苦労をしています。

    重に必要だったお金は開発費の調達でした。

     

     お金に纏(まつ)わる経験を語るだけで

    かなりの紙面を必要としてしまいます。

     

     そこで、

     

     本日は今まで出会った中から

    「お金のどん底から立ち上げる方法」として

    最適だと思った方法をご紹介したいと考えました。

     

    ◆/どん底から立ち上がる方法/

    /あなたは私 私はあなた (この素晴らしき「気」の世界)/

    https://amzn.to/2FnlQGX
    清水泰久氏著

    ページ115から書かれている内容です。

     

     ここでは、借金の返済がテーマです。
    私本人は、「2.愛」「1.個性」「4.健康」
    に関してはほとんど課題を抱えない人生でした。

    だだし、「3.裕福」(お金、富)に関しては多くの課題を与えられて来ました。

    起業、経営、金、・・・ほとんど分からないことだらけでした。

     

     今日ご紹介する実話は、お金の問題だけでなく、
    他のしあわせの柱でも、同じ方法で
    解決ができるものと推測しています。(^o^)。


    個性の発揮
    伴侶との出会い
    夫婦愛、
    子供の教育、
    家族の諸々の課題(引き籠り、DV等)、
    健康問題

    ・・・

     

    すべてです。

     

     それでは、感動物語ですので、
    読んで見て下さい。

     

     この本自体が良い波動を出していますので

    購入して手元に置かれると、

    あなたの人生を支援してくれるのでとても良いと思います。


    -----------------------------

    10.どん底から立ち上がる方法

     数億円の借金を返済する

     

     ニッチもサッチもいかない、

    もはやどうにも伝がないほど、人はどん底に落ちる時がある。

     

    仕事に失敗して数億円の借金を作ってしまった、
    とんでもない犯罪を犯してしまった、
    一家離散の目にあった、末期がんで余命がない… .

     

     そのどん底のあなたの意識を書き換える究極の方法がある。
    たった1日だけでいいから騙されたと思ってやってみるがいい。

    全ての問題はあなた自身の行動によって解決する。

     

     知り合いのYさんには、返そうと思っても
    普通に働いては返せないほどの大借金があった。

    彼は「氣」の原理を考え、思いついて、あることをした。
    そして自力で全額を返すことができた。

    これは氣功の能力を使ったわけでは
    ないが、エネルギーの法則にかなっている。

     

     雑踏で祈る


     何をしたかというと、
    Yさんは東京・渋谷の雑踏に行き、
    月に三日間、朝10時から夜8時まで、
    ずっと目の前を通り過ぎる全ての人のために祈ったのだ。

     

     ご飯とトイレの時間は抜きにして、
    絶えることなく、どん底にいる彼が他人のために祈った。

     

     Yさんは神様なんて信じていなかった。
    こんな良いことをしているんだから
    神様が助けてくれるかもしれないという思いもなかった。

    正直なところ、神様なんてほんとにいるのかな
    と疑いながらやっていた。

     

     3ヶ月前の三回目を終えたとき、特に完遂感もなかったが、
    一応やろうとした事は全部やったと自分に言い聞かせた。

    それから数値もしないうちに、
    あるはずのない昔の会社に注文が来た。

     

     とっくに解散していたので会社自体は無い。
    ただ、差し押さえられたはずの会社兼住居は
    なぜか競売に出されず、電話もつながっていた。

     

     不思議なことに裁判所が売却の強制執行をしなかったのだ。
    だからいちど家を出たものの、密かに戻って住んでいた。

    気分はだんだんと以前の我が家のようになってくる。
    土地の所有権は執行しているだろうに、

    なぜか2年以上何の音沙汰もない。
    どうなるんだろうと思っていた。

     

     既に会社は存在していないが、
    名前も住所も電話番号もそのままだし、

    倒産を公開したわけでもないから、
    事情を知らないまま注文が入るのはあり得ることだった。

    おかしなことは、電話の注文の主は、
    4年前に紹介された製品をなぜか今になって思い出したからだと言う。

     

     それは商業用の水槽の大型設備で、
    1つ売れれば数百万円の利益があるものだった。

    10年以上前に、全国的に販売を展開しようと
    パンフレットを作り、外回り専用の営業マンを
    雇って各地を周らせていたが、成果はほとんどなかった。

     

     それが倒産して2年以上も経っているのに注文が入った。
    これを皮切りにホテルや大型店舗など

    いろんなところから一斉に注文が入るようになった。
    電話やファックスで注文が続いた。

     

     どこで知ったのですかと聞くと、誰々の紹介でとか、
    昔もらったパンフレットを見てとか、特別なものは何もなかった。

    注文をどんどんこなしていったが、
    受注から設置まで1人だけなので、
    どうしても無理が生じてくる。そこで全部外注にした。

     

    つまり、高額のマージンを伴うブローカーに変身した。
    その間何丸投げしても、1年間で借金全額を返せるお金を稼いでしまった。

     

     Yさんは、神様もいるかもしれないと思うようになった。

    しかし、Yさんが別の意味で神様の存在を本当に
    知ることになったのは、その後の出来事の声だった。

    全額返済し終えて、「やった、これから儲けだ…」と
    ワクワクして電話を待っていたら注文がピタッとやんだ。

    以後ひとつも注文の電話は入らなかった。

     

     10年間、営業マンを回らせて取れた注文より、
    破産して勝手にやってきた2年間の注文の
    売り上げの方が多いと言うのも不思議だった。

    神様はいる、と思った。

     

    おかげで誰にも迷惑をかけなくて済んだと、Yさんはしみじみ語った。

     

     

    /最大の技は、他人の幸せを祈ること/

     

     実話は如何だったでしょうか?
    何か感じるものがありましたでしょうか?

     

    人生の「どん底」は人によって
    異なっていると思います。

     

    でも本日御紹介した解決策は、
    どんな「どん底」の解決にもきっと
    適用できる方法だと思います。!(^^)!。

     

    /あなたは私 私はあなた (この素晴らしき「気」の世界)/

    https://amzn.to/2FnlQGX

    ページ118から書かれている内容です。

    -----------------------------

    最大の技は、他人の幸せを祈ること


      これは、自分が困った状況にいるのに、
    それと何の関係もないことをやって運が開けたという話である。

     

     最大の技は、他人の幸せを祈ること。 

     

     これはいっぺんに運が良くなる
    これは、頼まれていないから効く。

     

    義務感があったり、
    自分のためにやろうと
    思ってやっては効果がない。
    ご利益を求めてもダメだ。

     

    正解は、自分には有り余っている
    エネルギーがあるから困ってる人に
    あげるという意識---繁栄も、豊かさも、
    成功も、幸せも、自分と共にあると
    信じている「我」がいる。

     

     彼は氣の原理を知っていた。

     

     エネルギーフィールドでは、
    外側のフィールドの方が、
    内側のリアリティーフィールド、
    つまり肉体より断然大きい。

     

    外側の大きいフィールドにネガティブがあれば、
    内側にある肉体・心は影響を受け、病気になったりする。

    逆に外側のフィールドにクリエイティブエネルギーが
    注ぎ込まれオーラがきれいになると、
    身体と心の状態が良くなっていく。

     

    これがエネルギーフィールドという考え方で、
    大きい場のエネルギーの方が強いという考え方である。

    パワースポットなどは、大自然の方が大きいわけだから、

     

    自分よりも大きい場を意識し、
    そこに包み込まれる一体感を持てば、
    そこからエネルギーが勝手に流入してくるようになる。

     

    結果として、自分が必死で頑張らなくても
    自分の都合の良い状態になる。

    仕事が入ってきたり、お金の問題が解決されたりする。

     

     だから昨日氣の悪い雑踏で、
    不幸な人達のために祈るをいう高いエネルギーの場を作れば、
    逆に抜群にエネルギーの量を吸収できる。

     

    氣は無尽蔵にあるわけだから、
    氣を彼らに送れば送るほど、
    自分の場に氣が大量に入り続け、
    大きな氣の交流が行われる。

    Yさんがやったことは神の行為に近いものがある。

     

     良い人たちに、良いことをしても、
    良い場で願っても、大きなエネルギーの交流はない。

    そういう人はもともと良いエネルギーを持っているわけで、
    あまり変化はないだろう。


     マザーテレサに向かって「幸せになってね」なんて
    祈るようなもんだ。もちろん悪いことではない

     

     Yさんが通った場所はいつも雑然として氣が悪いところだ。
    ひとりベンチに座ってみると、くすんだ空気の中で、
    いろんな人が交差し、通り過ぎていく。

    なんとなく見ていると、
    この人は貧乏性だなとか、辛そうだなぁとか、
    一人ぼっちだな、仕事がなさそうだな、
    悲しそうだなというのがわかる。

     

     だから、病気のようだと感じた人には
    「健康になりますように」、
    お金で困っていそうな人には、
    「仕事が成功しますように」、
    カップルが通ったら「お幸せに」、
    運が悪そうな人に「幸あれ」と、
    それぞれの人に必要な言葉を乗せ、天にその祈りを送る。


     数千万円の借金なんかは3日もやれば
    十分だろう。ほぼ全ての不幸がひっくり返る。
    修行だと思って、見ず知らずの赤の他人を祝福してみよう。
    特別な動作は必要ない。ただ祈るだけだ。

     

     大事なのは、同情も心配もしてはいけない。
    病気と不幸にフォーカスするとそれを引き寄せるだけだ。

    この人たちがこの先どんないいことがあるのか、
    それだけを考え、明るい気持ちでやってみる、
    そして神の祝福もあれと感謝する

     

     閉じられた狭い自分を大きく広げて、
    人の世界と繋がろう。

    「我」と世界との交流は、新しい開放的な自分の発見だ。
    そして世界はあなたとともに姿を変えていく。

    ----------------------
     

     開喜男がこの方法を知ったことで、

    実践を始めたことがあります。

     

     全開家族初めこのプログを読んで下さっている方、

    そして人類お一人お一人に実践を始めました。

     

     

     

    (備考)

     

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

    地球を愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    共感して下さり、

    ご一緒に実現を果たしていける

    と大変に嬉しく思います。

     

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

    困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『しあわせになる』 | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
    四種類の人生のどん底から立ち上がる方法
    0
      2019.08.10撮影 田植え後9週間(63日後) 青年期の中頃になりました(^-^)
      6月8日と比較してみてください。8日の写真はこちらをクリック。

       

       おはようございます。

      全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

       

       私事ですが、昨日初孫が生まれました。

      母子健康で本当に神様に感謝しています。

      嫁入り先の両親、夫(義理の息子)、娘、病院の先生看護婦

      の皆さん、その他多くの関係者の皆様に感謝申し上げます。

      全開では人(霊止)の誕生こそが最高の創造であると捉えています。

      皆様の御蔭で、私達父母は祖父母のステージへ昇ることが出来ました。

       

       祖父母のステージは神様のステージでもあるので、

      この宇宙を感じる意識が変化してくるものと思っています。

      *「祖父母は神様のステージ」である理屈は、下記の記事で詳しく書かせて頂きました。

      3.祖父と祖母 祖父母にとって  /人(私)は何のために生まれて来たのか?/

      http://gzenkai.jugem.jp/?day=20190703

       

       

       そして、今週も新しい一週間の始まりです。

      お盆に当たります。御先祖に感謝していきたいと思います。

       

       今週は、このプログの意図:

       

      生死の生死に関わると表現できるほどの能力の限界や

      人生のどん底にいらっしゃる方に、

      脳力全開という商品の持つ「喜びの能力開発」を活用して、

      開喜男が到達できた人生全開(全快)の頂上へ、

      開喜男本人が道案内するものです、

       

      に合わせて、

       

      「四種類の人生のどん底から立ち上がる方法」

      ということで、開喜男の個生に基づいて

      書いてみたいと考えました。
       

      /四種類の人生のどん底から立ち上がる方法/

       

      1.お金(富)

      2.個性

      3.愛

      4.健康

      5.我が手の平としあわせ感

      6.まとめ

       

      という流れで、記事を書かせて頂ければと

      考えています。

       

       

       全開では、「人生は七転び八起き」という言葉をよく使います。

       

      「七回転んでも八回目で起きるんだ!」

       

      という精神力があるということは、

      言霊からその精神の中に、

      (セイシン=)生神が共に生きて働いて下さって

      いることではないかと感じるからです。

       

      全開では、

      人生百年時代!

      何度失敗しても諦めないで、

      一つのことに四十年以上の時間を掛けて

      大望を実現していく

      そんな大志を持って人生を送りたいと考えています。

       

       

       

       

      (備考)

       

       

      全開の果たすべき天命は、

       

      人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

      地球を愛と和と創造の星にする

       

      ところにゴールを設定しています。

       

      共感して下さり、

      ご一緒に実現を果たしていける

      と大変に嬉しく思います。

       

       

      皆様、及び 皆様の御家族

      そして、全人類の愛と才能が全開して、

      それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

      満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

       

       

      皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

       

       

      どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

      困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

       

      喜びの能力開発「脳力全開」

      全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

       

       

      泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

      日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

      なぜなら、神様は、

      最高の喜びの神であると共に

      どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

       

       

      posted by: 開喜男(あきお) | 『しあわせになる』 | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
      6.まとめ  無償であるべきと願う5つの愛
      0
                     全喜な家族愛の実現

         

         おはようございます。

        全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

         

         あっという間に一週間の最後の日となりました。

        どんな一週間を歩まれましたか?

         

         ある方からメールが来て、
        今はライオンゲートという期間なのだ教えられました。

         

        ググって、

        /ライオンズゲートとは?ライオンズゲートが開く
        8月8日に運命を切り拓く秘訣を解説/
        https://amaterasu49.media/archives/10762
        からの情報ですが、
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ライオンズゲートとは直訳すると「獅子の守る扉」、
        この扉は宇宙と地球をつなぐ扉のことです。
        この扉は普段は固く閉ざされていますが、
        地球が銀河の中心に位置する
        毎年7月26日〜8月12日までの18日間だけ、
        大きく開かれます。

        扉は7月26日からゆっくり開き、最も大きく開くのは8月8日です。

        ライオンズゲートは名前のとおり獅子座と大きな関係があります。
        獅子座が持つエネルギーは大変パワフルで、

        受け取った人はどんな困難でも乗り越えられるようになります。

        その獅子座のパワフルなエネルギーは、

        月を介してライオンズゲートから地球へ注がれます。

        月はエネルギーを増大させる役目がありますので、

        エネルギーは更に強力なパワーとなって地球に届きます。

        獅子座のキーワードには
        「創造」「内に秘める情熱」「率直」「賢明」があり、
        感受性豊かに自己表現を行います。

        この獅子座のもつキーワードも、
        ライオンズゲートが開いて送られるエネルギーに関係しています。
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         

         それで、私にも

        「大鷲のような雲」が現われたのかとも思いました。(^_^)。

        http://gzenkai.jugem.jp/?day=20190808
         

         

         今週は、

        「無償であるべきと願う5つの愛」

        ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

        5つの愛について考えてみました。

        (あまり深思できていなく申し訳ありません)
         

        /無償であるべきと願う5つの愛/

         

        1.父母の愛

        2.夫婦の愛

        3.子からの親への愛(孝)

        4.兄弟愛

        5.友人への愛、神への愛

        6.まとめ

         

         

        /説明/

         

         今の社会で感じることは、すべてが強くビジネスに

        繋がってしまっているという窮屈な思いです。

         

         人の心は無償で与えられた行為は無償で返したいと

        思うように出来ていると思います。

         

         世の中がゆとりある空間であるためには、

        「無償」という行為は欠かせないと思っています。

         

         「無償」ということではその最たるものは、

        『父母の愛』だと思います。

         

         今週は、ちょうど、小泉進二郎議員の結婚が話題となりました。

        あるTV番組で知ったのですが、

         

        そんな小泉家子育て三原則があるそうでした。

        それが、しっかり抱いて・そっと下ろして・歩かせる。

         

        純一郎さんは子煩悩でして、

        とにかく愛情を注ぎ、泣いても怒らない。

        そして、自然に自立させる。

        何しろこれしろとは言わない。

        そして、一番大きいのは怒らないところですね。

         

        政治家小泉純一郎元総理は日本を分断してしまった

        ところもあり、あまり良い印象を持っていなかったのですが、
        父親から子供へ愛情を掛けていた話は洩れ聴いていたのですが、

        その点では素晴らしいと思っていました。

         

        「三つ子の魂百まで」もと言います。

        全開でも特に強調しているのが、

         

        躾とか考えずに

        三歳までは溺愛し思いっきり愛そう

        いうことです。

         

        愛情を一杯に受け、いつも守られていると

        いう感情を赤ちゃん時に十分に感じとっていれば、

        親の愛を信頼しきって自然に自立への道を歩き始めます。

         

         

        躾のために暴力を振るうということは

        決してあってはならないことです。

        (DVの代わりに「愛」を注ぎましょう)

        躾は無償の深い愛情を降り注いだ後に自然に

        身につけていくものだと思います。

         

         

        (備考)

         

        全開の果たすべき天命は、

         

        人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

        地球を愛と和と創造の星にする

         

        ところにゴールを設定しています。

         

        共感して下さり、

        ご一緒に実現を果たしていける

        と大変に嬉しく思います。

         

         

        皆様、及び 皆様の御家族

        そして、全人類の愛と才能が全開して、

        それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

        満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

         

         

        皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

         

         

        どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

        困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

         

        喜びの能力開発「脳力全開」

        全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

         

         

        泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

        日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

        なぜなら、神様は、

        最高の喜びの神であると共に

        どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

         

         

        posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
        5.友人への愛、神への愛  無償であるべきと願う5つの愛
        0

           

           

           おはようございます。

          全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

           

           今週は、

          「無償であるべきと願う5つの愛」

          ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

          5つの愛について考えてみたいと考えました。
           

          /無償であるべきと願う5つの愛/

           

          1.父母の愛

          2.夫婦の愛

          3.子からの親への愛(孝)

          4.兄弟愛

          5.友人への愛、神への愛

          6.まとめ

           

          という流れで、記事を書かせて頂ければと

          考えています。

           

          本日は、

           

          5.友人への愛、神への愛

           

          です。

           

          /説明/

           

           犯罪の起きている50%以上は、家族内だと言います。

          初めて聞いた知った時は大変に驚きました。

           

           友人への愛、神への愛となると、

          どうしても聖書の言葉を思い出します。

           

           18歳の時だったと記憶していますが、

          高専の同じクラスの中で突然クリスチャンになった

          人がいます。

           

           彼はそうなる前は未成年なのに煙草も飲んでいました。

           

           そんな彼が一変して清潔感溢れる人物になって登校するようになりました。

           

           驚いた私は「何かあったのですか?」と尋ねました。

          すると、「クリスチャンになった」と答えるではないですか?

          興味を持った私は彼が出会った教会にも一度どんなところか

          尋ねていきました。

           後、東京の著名な牧師さんがここ愛媛の宇和島で泊り込みの

          セミナーがあるので参加したりしました。

           

           私はその彼のようにクリスチャンにはなりませんでしたが、

          そこで聞く話は、神道系の両親の元で育った私には、

          大変に驚くばかりの話でした。 

           

           今日は詳しく話すことはできませんが、

          当時の私と同じようにキリスト教を御存じない方には

          一番驚かれると思う話を一つお伝えすると、

           

          「イエス・キリストを十字架に付けて殺したのはあなただ!」

          ということです。

           

           そして、殺したあなたをイエス・キリストは、

          赦して愛して下さっているということです。

           

          自覚がなくても既にあなたは赦されているので、

          他者との争いがあったとしても他者を赦しなさいという論理となります。

           

           

           宇和島でのセミナーの中で、

          主催するリーダーの方から会って間もない時に

          「あなたは実は人殺しなのです」と面と向かって言われました。

          真面目に生きてきたと思っていた私にとって、

          「何ということを言うのか!」と弁明し

          憤慨する氣持ちとなる出来事でした。

           

           今思うのは、こういう経験があるので、

          「イエス・キリストの贖罪」とは何か?問われても

          感情的にも理解することができ、

          大変に貴重な体験だったと振り返っています。

           

           人類はイエス・キリストの無償の愛を受けているようです。

           

          どこかスピリチュアル系の記事に、

          「イエス・キリスト一人の魂と人類すべての魂レベルが釣り合って

          いるので、戦争とか悲惨なことを繰り返しても、一応地球が保たれている」

          というような説明があったように記憶しています。

           

           こんな聖句があります。 

           

          ヨハネ福音書15章

           

           友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。
           

          マタイ福音書22章

           

           「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」

          イエスは言われた。

          『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』

          これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。

          隣人を自分のように愛しなさい。

          律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」

           

           イエス様はこれを実践され十字架を背負われたということです。

           

           

          でも日本には農民であったも義農作兵衛のような高い精神性を

          持った人達が多くいました。神道(古い神道)でも深く理解できると

          イエス様以上の高い精神性に到達することは可能だと現在は理解しています。

           

          (参考)

          義農作兵衛さんの記事は下記で書きました。

          http://gzenkai.jugem.jp/?day=20190726

           

           自分の知らないところで、私のために、

          命を掛けて愛して下さっている存在がいて下さることを

          感じながら、今日も全喜で生きて参りましょう\(^o^)/。

           

           

           

          (備考)

           

          全開の果たすべき天命は、

           

          人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

          地球を愛と和と創造の星にする

           

          ところにゴールを設定しています。

           

          共感して下さり、

          ご一緒に実現を果たしていける

          と大変に嬉しく思います。

           

           

          皆様、及び 皆様の御家族

          そして、全人類の愛と才能が全開して、

          それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

          満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

           

           

          皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

           

           

          どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

          困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

           

          喜びの能力開発「脳力全開」

          全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

           

           

          泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

          日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

          なぜなら、神様は、

          最高の喜びの神であると共に

          どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

           

           

          posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
          平野富士(仮称)の上に大鷲現る?
          0
                   大鷲現る?!(^^)!。 2019年8月07日撮影

             

             

             昨日のことなのですが、「平野富士(仮称)の上に大鷲現る?」 と思える

            雲が出てくれました。

             

             大空は神様が描いて下さるキャンパスだと思っているので、

            8月6日広島、8月9日長崎の原爆の日 の途中にあって、

            何らかの思いを伝えて下さったものと理解しています。

             

             一日も早く、全喜に満ち溢れた地球にするべく頑張(神張る)ます。

             

             全開学校 開喜男♪(v^_^)v。

             

             

             

             

             

             

             

            posted by: 開喜男(あきお) | 開発者の人生交響曲 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
            4.兄弟愛  無償であるべきと願う5つの愛
            0
                            兄弟姉妹愛

               

               おはようございます。

              全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

               

                今日は、8月8日8時8分8秒と「8」が五つ並びます。

              末広がりの「八」、七転び八起きの「八」です。

              いろいろな失敗があっても「七転び八起き」、成功のコツは

              コツコツとやることと思って、今日も一日頑張って(神張って)

              参りましょう。\(^o^)/。

               

               

               今週は、

              「無償であるべきと願う5つの愛」

              ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

              5つの愛について考えてみたいと考えました。
               

              /無償であるべきと願う5つの愛/

               

              1.父母の愛

              2.夫婦の愛

              3.子からの親への愛(孝)

              4.兄弟愛

              5.友人への愛、神への愛

              6.まとめ

               

              という流れで、記事を書かせて頂ければと

              考えています。

               

              本日は、

               

              4.兄弟愛

               

              です。

               

              /説明/

               

               犯罪の起きている50%以上は、家族内だと言います。

              初めて聞いた知った時は大変に驚きました。

               

              とすると

               

               喜びに溢れた社会となるための解決の道は、

              家族が家族愛に満ち溢れれば良いことになるの

              ではないでしょうか?

               

              開喜男が今まで開発して来た商品すべて

              そのためにあったように思います)

               

              こんなことを無意識に感じながら、

              亡き母の教えでもあった

               

              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

              父母ニ孝ニ(ふぼに こうに)
              夫婦相和シ(ふうふ あいわし)

              兄弟ニ友ニ(けいていに ゆうに)
              朋友相信シ(ほうゆう あいしんじ)


              父母に孝行をつくし、
              夫婦互に睦び合い、

              兄弟姉妹仲よくし、
              朋友互に信義を以って交わり、

               

              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

               

              を家族を持ってから実践しようと

              思って来たように振り返ります。

               

               

              私は七人兄弟の末っ子で、

              姉が五人もいたので姉から

              母性愛で愛される立場でした。

              この歳になっても姉の愛は変わらず

              何のお返しをしないでも無償の弟への愛

              を送ってくれています。

               

              本当に有り難いことだと思います。

               

              子供のころは出世払いすると冗談で

              言っていましたがなかなか叶わずにお返しが

              出来てなくて申し訳なく思っています。

               

              ただ、家族の中では弟妹を愛するという

              年上の立場を経験しなかったので、社会に出ても

              なかなか年下の下を愛することが

              ずっと難しくその点ではかなり苦労しました。

               

               

              このような貴重な仕事に取り組ませて頂いて、

              年下の全開家族も多いので弟妹を愛するように

              兄弟愛も実践する日々を送らせて頂いています。

               

               

               

              (備考)

               

               

              全開の果たすべき天命は、

               

              人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

              地球を愛と和と創造の星にする

               

              ところにゴールを設定しています。

               

              共感して下さり、

              ご一緒に実現を果たしていける

              と大変に嬉しく思います。

               

               

              皆様、及び 皆様の御家族

              そして、全人類の愛と才能が全開して、

              それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

              満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

               

               

              皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

               

               

              どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

              困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

               

              喜びの能力開発「脳力全開」

              全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

               

               

              泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

              日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

              なぜなら、神様は、

              最高の喜びの神であると共に

              どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

               

               

               

              posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
              3.子からの親への愛(孝)  無償であるべきと願う5つの愛
              0
                子からの親への愛(孝)
                          子からの親への愛(親孝行)

                 

                 おはようございます。

                全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

                 

                 今週は、

                「無償であるべきと願う5つの愛」

                ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

                5つの愛について考えてみたいと考えました。
                 

                /無償であるべきと願う5つの愛/

                 

                1.父母の愛

                2.夫婦の愛

                3.子からの親への愛(孝)

                4.兄弟愛

                5.友人への愛、神への愛

                6.まとめ

                 

                という流れで、記事を書かせて頂ければと

                考えています。

                 

                本日は、

                 

                3.子からの親への愛(孝)

                 

                です。

                 

                /説明/

                 

                 犯罪の起きている50%以上は、家族内だと言います。

                初めて聞いた知った時は大変に驚きました。

                 

                とすると喜びに溢れた社会となるための解決の道は、

                家族が家族愛に満ち溢れれば良いことになります。

                 

                 

                こんなことを無意識に感じながら、

                亡き母の教えでもあった

                 

                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                父母ニ孝ニ(ふぼに こうに)
                夫婦相和シ(ふうふ あいわし)

                兄弟ニ友ニ(けいていに ゆうに)
                朋友相信シ(ほうゆう あいしんじ)


                父母に孝行をつくし、
                夫婦互に睦び合い、

                兄弟姉妹仲よくし、
                朋友互に信義を以って交わり、

                 

                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                 

                を家族を持ってから実践しようと

                思って来たように振り返ります(^_^)。

                 

                どこまで出来ているでしょうか?

                 

                父は中学三年の時に亡くなり、

                母を看るためにこの実家に戻って参りました。

                妻も実の母のように世話をしてくれ

                一緒に母を看とれたのは少し親孝行だったかも知れませんが

                受けた恩からすると、ほとんど親孝行できていないという

                思いがあります。

                 

                ただ子供3人姉妹は、亡き祖父母の願いどおり、

                親が驚くほどに仲良しで、本当に良かったと思っています。

                きっと何か困ったことがある時は支え合って生きてくれるものと

                思っています。

                 

                 

                子供への親からの最大のプレゼントは

                夫婦が睦まじく愛し合っている姿や声を掛け合っている後姿を

                見せることだと思って、夫婦仲睦まじく生活することに努めて来ました。

                 

                子供の教育にはそのことが良かったように思っています。

                「愛」は友人も能力(才能)もお金も生み出す源になってくれていると思います。

                 

                 

                親孝行は、縦軸の愛だと思います。

                いつまでも縦軸の愛を大切にする生き方は、

                自然と横軸となる夫婦の愛も強まっていくこと

                と思います。

                 

                 

                 

                (備考)

                 

                 

                全開の果たすべき天命は、

                 

                人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

                地球を愛と和と創造の星にする

                 

                ところにゴールを設定しています。

                 

                共感して下さり、

                ご一緒に実現を果たしていける

                と大変に嬉しく思います。

                 

                 

                皆様、及び 皆様の御家族

                そして、全人類の愛と才能が全開して、

                それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

                満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

                 

                 

                皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

                 

                 

                どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

                困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

                 

                喜びの能力開発「脳力全開」

                全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

                 

                 

                泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

                日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

                なぜなら、神様は、

                最高の喜びの神であると共に

                どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

                 

                 

                 

                posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) |