Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1.宇宙(神)に感謝を捧げる  夫婦愛を深化(神化)する五つの実践
1
タオ性科学 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣  ページ39参照
https://amzn.to/33KPqmO

 

 

 おはようございます。

全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

 

「夫婦愛を深化(神化)する五つの実践」

ということで、開喜男の個生に基づいて

書いてみたいと考えました。

 

/「夫婦愛を深化(神化)する五つの実践」/

 

1.宇宙(神)に感謝を捧げる

2.挨拶し合い、一日に一度は必ずハグやキスをする

3.寄り添って寝て、マッサージをし合う

4.一緒にお風呂に入り背中を流しあう

5.二人で語り合う空間時間を作り、夢を語りあう

6.まとめ

 

という流れで、記事を書かせて頂ければと

考えています。

 

本日は、

 

1.宇宙(神)に感謝を捧げる

 

です。

 

/説明/

 

 上記の図をご覧になってください。

 

タオ性科学 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣  ページ39参照
https://amzn.to/33KPqmO

に記載されている内容です。

 

 宇宙(神)と夫婦(男女)との関係をよく描いて下さっている

と思った図でございます。

 

 タオですので、宇宙(神)のことを大極という言葉で

表現されていますが、大極とは宇宙(神)そのもののことで

あります。

 

 とても大切なことは、その大極は陰陽の二元から出来あがっているということです。

ですので、地球上に存在するものはほぼ陰陽の仕組みで出来あがっています。

人間:男と女

動物:雄と雌

植物:おしべとめしべ

等です。

 

 宇宙(神)そのものが陰陽で存在しており、

人間社会の言葉と当てはめると宇宙(神)そのものが

夫婦として存在しているということになります。

 

 そういう宇宙(神)の似姿が、

人間社会では「夫婦」となるのだと捉えると

宇宙(神)の仕組みから、「夫婦」の有り様を客観的に

捉える事が出来て、我が「夫婦」を宇宙(神)から俯瞰できる

気持ちにならないでしょうか?

 

 そういう気持ちになれると、

自然にもう既に「夫婦」になっていらっしゃる方は、

宇宙(神)に感謝の気持ちが湧いてこないでしょうか?

 

 今、独身の方には、

私も宇宙(神)の似姿になれるように

自分の半身である伴侶がどこかに存在しているはずなので

引き寄せあっていこうと希望を強く持っていけないでしょうか?

 

 ジェンダーフリーなどの言葉も

最近は見かけますが、本当のジェンダーフリーの姿は、

夫婦一体となり陰陽がひとつとなり、

陰でもあり陽でもあるという状態ではないかと

開喜男としては捉えています。

 

 宇宙(神)の仕組みからみて、

陽陰が無くなることは天地創造が無くなる

に等しいぐらいの内容であると思うからです。

 

 歌舞伎で男が女性を演じるように、

宝塚ではすべてが女性で男性を演じるように、

男性は女性に

女性は男性になれる要素を持っています。

 

 それは、

陽といっても、陽の中に1/3は、陰性が入っており、

陰といっても、陰の中に1/3は、陽性が入っているからです。

 

 大極図の陰陽の区切り線が曲線で描かれ、

それぞれお互いの領域に入り込んでいることで表現されています。

 

 陽も陰もそれぞれが、陰の要素も陽の要素も

持っていなければ、相手の気持ちを理解することは

出来ないために、1/3は持っている訳です。

 

 その1/3を2/3よりも意識して強く表現すれば

男性は女性に

女性は男性に変身して表現することも

可能になっていると考えられます。

 

 結論としては、

そういう宇宙(神)の似姿として

人間社会では永遠の愛で愛し合える「夫婦」となれる喜びが

誰にも等しく与えられています。

 

愛する人を失った経験のある開喜男は、

現在与えられている「夫婦愛」の喜びは図り知れません。

夫婦愛(陽陰の愛)を体験できることに宇宙(神)に

感謝を捧げていきたいと思い、実践しています。

 

宇宙(神)の仕組みから

人間社会の結婚の仕組みが由来しているため

夫婦愛の深化は、魂の神化を起こしてくれる

深く感じています。

 

 

(備考)

 

全開の果たすべき天命は、

 

人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

地球を愛と和と創造の星にする

 

ところにゴールを設定しています。

 

共感して下さり、

ご一緒に実現を果たしていける

と大変に嬉しく思います。

 

 

皆様、及び 皆様の御家族

そして、全人類の愛と才能が全開して、

それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

 

 

皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

 

 

どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

 

喜びの能力開発「脳力全開」

全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

 

 

泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

なぜなら、神様は、

最高の喜びの神であると共に

どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

 

 

 

posted by: 開喜男(あきお) | 【柱2.愛】配偶者と子を得て、家族愛を成就する | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









この記事のトラックバックURL
http://gzenkai.jugem.jp/trackback/856
トラックバック