Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
夫婦愛を深化(神化)する五つの実践
1
2019.08.17撮影 田植え後10週間(70日後) 青年期の後半になりました(^-^)
田植え時の6月8日と比較してみてください。8日の写真はこちらをクリック。

 

 

 おはようございます。

全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

 

 そして、今週も新しい一週間の始まりです。

 

 私事ですが、昨日初孫が今月10日(2019.08.10)に生まれました。

今日から妻が山形県の娘家族の元へ産後の支援のために行って参ります。

 

 今週は、このプログの意図:

 

生死の生死に関わると表現できるほどの能力の限界や

人生のどん底にいらっしゃる方に、

脳力全開という商品の持つ「喜びの能力開発」を活用して、

開喜男が到達できた人生全開(全快)の頂上へ、

開喜男本人が道案内するものです、

 

に合わせて、

 

「夫婦愛を深化(神化)する五つの実践」

ということで、開喜男の個生に基づいて

書いてみたいと考えました。

 

 結婚すると一度や二度は夫婦愛の限界にも

ぶち当たってしまうものだと思います。

 

 そうなってしまった時は、公平に判断して下さる

第三者を交えて話し合うことがとても良いと思います。

 

 今週はそういう限界にぶち当たる前に日々二人で夫婦愛を

深化(神化)する実践を方法をお伝えしたいと考えました。

 

 開喜男♪(v^_^)v夫婦は結婚して、31年となります。

実際に31年かけて積み上げ今実践している内容です。
 

 項目としてはもっと細かくあるのですが、

まずは最重要な五つに絞ってご紹介したいと思います。

 

/「夫婦愛を深化(神化)する五つの実践」/

 

1.宇宙(神)に感謝を捧げる

2.挨拶し合い、一日に一度は必ずハグやキスをする

3.寄り添って寝て、マッサージをし合う

4.一緒にお風呂に入り背中を流しあう

5.二人で語り合う空間時間を作り、夢を語りあう

6.まとめ

 

という流れで、記事を書かせて頂ければと

考えています。

 

 

 

 全開では、「人生は七転び八起き」という言葉をよく使います。

 

「七回転んでも八回目で起きるんだ!」

 

ところが、

先週手に「手の平にみるしあわせ感」をお伝えしました。

四本の指が四合わせで幸せになる、と捉えたら、

それぞれの指には、根本も関節もいれると、3つあるので

それぞれに三回の転びがあると考えると

四合わせ全開になるまでに、

最大 四本×三回=一二回(12回)

試練があっても可笑しくないと捉えると良いのかも知れない

との考えが浮かんできました。

 

そうすると、

 

「12回転んでも13回目で起きるんだ!」

 

という気持ちになれます♪(v^_^)v。

 

何度倒れても諦めない気持ちを持ち続けることが出来ます。♪(v^_^)v。

 

 

 

人それぞれに個生(生き様)があり、

試練の回数、試練の重さも異なっていると思いますが、

宇宙(神)は、悲しみで人生を終わらせるのではなく、

全喜のゴールに向けて導いて下さっています

 

 

全開では、

人生百年時代!

何度失敗しても諦めないで、

一つのことに四十年以上の時間を掛けて

大望を実現していく、

そんな大志を持って人生を送りたいと考えています。

 

 

(備考)

 

全開の果たすべき天命は、

 

人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

地球を愛と和と創造の星にする

 

ところにゴールを設定しています。

 

共感して下さり、

ご一緒に実現を果たしていける

と大変に嬉しく思います。

 

 

皆様、及び 皆様の御家族

そして、全人類の愛と才能が全開して、

それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

 

 

皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

 

 

どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

 

喜びの能力開発「脳力全開」

全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

 

 

泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

なぜなら、神様は、

最高の喜びの神であると共に

どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

 

 

posted by: 開喜男(あきお) | 【柱2.愛】配偶者と子を得て、家族愛を成就する | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









この記事のトラックバックURL
http://gzenkai.jugem.jp/trackback/855
トラックバック