Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
4.健康 /四種類の人生のどん底から立ち上がる方法/
0

     

      おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

    *台風10号の近付いているため、すこし短めに書かせて頂きます。

     

    「四種類の人生のどん底から立ち上がる方法」

    ということで、開喜男の個生に基づいて

    書いてみたいと考えました。
     

    /四種類の人生のどん底から立ち上がる方法/

     

    1.お金(富)

    2.個性

    3.愛

    4.健康

    5.我が手の平としあわせ感

    6.まとめ

     

    という流れで、記事を書かせて頂ければと

    考えています。

     

    本日は、

     

    4.健康

     

    です。

     

    /説明/

     

     健康に関しては、自分自身ではどん底に経験したことがありません。

    (小学生の頃から眼鏡をかけていて、強度の近視ではあります。)

     

     ただ、私もとても愛してくれた姉が癌で50代の若さで

    早く亡くなったことは、大切な親族を牛なかった悲しみでは

    どん底と表現しても良いのかも知れません。

     

    5人の姉の中でも弟をとても愛してくれた姉でした。

    あの当時は私がまだまだ悟りに至っていなかったために

    克服する術を何も伝えることもできず本当に申し訳なく思っています。涙、、、

     

     

     

     健康に関する結論としては、「愛」の場合と同様に

     

    宇宙は健康に満ちているということです。
     


    ワトルズさんの著書にこう書かれています。

     

    (日本語版)

     

    病気の時に健康のことを考えたり、

    貧乏の真っただ中で裕福さを考えるには力が必要です。

    しかし、この力を獲得すれば、『人生の達人』になれます。

     

    (英語版)

     

    To think health when surrounded by the appearances of disease

    or  to think riches when in the midst of the appearances of poverty requires power,

    but whoever acquires this power  becomes a master mind.

     

     

    (コメント)

     

     徹底的に私の意識をこのような健康な意識(健康全快)に

    育て上げることができることで、実際の健康全快が目の前に

    現れてくることになります。

     

     

     

     

    (備考)

     

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

    地球を愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    共感して下さり、

    ご一緒に実現を果たしていける

    と大変に嬉しく思います。

     

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

    困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『しあわせになる』 | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/851
    トラックバック