Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
人生諦めるな!意志あるところに、道は開かれる
0

    あなたの頭脳を「全開脳」にするアキです。

    (2月に入りデジ速ユーザ様にこんなメッセージを送りました。)

     

    2月が、始まりました。

     

    今11日の満月に向けて、
    月のエネルギーが強くなっています。

     

    身の周りで起こること
    すべての出来事をポジティブに感謝して受けて
    成長の糧にしませんか?(^o^)。


    ●ビリギャルの映画

    月末に妻とTV放送を録画していた

    『ビリギャル』 映画

    (youtubeでどんなものか確認できます)

    を見ました。(^o^)。

     

    偏差値30の女の子が、
    様々な試練を克服して、
    偏差値40をアップ、
    遂に慶応大に合格する実話です。

     

    かなり妻は泣いていました。
    以前話題になった時、本も妻は読んでいました。

     

    お母さんと娘との関係も
    良く描かれていて、
    自分の子育ての経験と重なりあったのだと思います。


    まだなら、ご覧になって下さい。
    受験生を抱えているご家庭は、
    必見です。


    教えてくれているのは、
    不可能な状況にあっても、

    ==================
    意志あるところに、道は開かれる
    ==================

    ということです。


    意志の氣(キ)が、「意識」を作ります。

    意志とは、「志」から湧き上がってくるものです。


    今受験に直面している方は、
    道は開かれると固く信じ
    強く意識を保ち、合格した絵(映像)を
    臨場感を伴って細部にわたり描きましょう。


    ==========
    意識が現実化する
    ==========

     

    例えば、受験なら、

     

    一番大切なことは、

    「合格「できる」意識を保持する。」

    ことです。

     

    すると、その目標達成のために
    必要な知識が自分の元に引き寄せられ、
    かつ、合格に必要な能力が加速して育って来ます。

     

    「合格に必要な能力を育てたので、
    合格するのだ」という考えではなく、

    「合格するということは既に決定している」
    と強く意識することで、
    それに必要が知識能力学力が、
    引き寄せられるように身についてくる
    と考えます。


    意識が現実化する
    ^^^^^^^^^^
    法則を活用する大切なところです。

     

    分かりますでしょうか?

    ここが、とても大切なところです。

     

    「意志あるところに、道は開かれる」

    意志の氣(キ)が、「意識」を作ります。

    意志とは、「志」から湧き上がってくるものです。


    受験を通して、
    人生で普遍的に役立つ学びを
    身に付けて頂きたいと切に願っております。

     

    皆様お一人お一人が、
    『全開脳』を身に付け、
    「しあわせ全開」となることを支援させて下さい。

     

    上記のような意識が持てるように

    指導させて頂いております。

     

     

    /お子様の頭脳を「全開脳」にする

    全開教育プログラム付き『ゴールデン脳力全開競札奪函

    http://gs0.gzenkai.com/

     

     

    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『音絵字法』 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/695
    トラックバック