Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子供の天性を伸ばすためには、感じさせることが一番大切だった!(^o^)。
0

    「感じる」の

    語源は、神知る

     

     

     

     

     

     

     おはようございます。


    子供の天性を伸ばすためには、感じさせることが一番大切だった!(^o^)。

     

    コトタマの学びのお陰で、
    裕福になることだけが、ヒト(霊止)

    の「霊」にとっても、
    決して良いことばかりではないと、
    明確に言えるようになって来ました。

     

    「感じる」 の語源は、「神知る」
    「考える」 の語源は、「神返る」

     

    感じる の語源は、
    神知る(カンジル)でありました。

     

    家庭にしろ、学校にしろ、高等教育にしろ、

    学ぶ(真似る)目的は、
    「真」に似ていく、また、

    「真」の社会を実現していくことであります。

     

    「真」とは、

    神、宇宙の仕組みの「真」の姿

    だとすれば、

     

    「神知る」こと、
    つまり
    「感じる」ことが

    学ぶ上で、

    一番大切なことになります。


    考えるは、「神返る」が語源です。
    深く考えながら、神に返っていく、


    第一に、「感じること」
    第二に、「考えること」、


    このような深い経験をするためには、
    裕福で何不自由ない生活だけが、

    人生を「感じること」「考えること」

    の出来る生活環境であるとも言えません。


    貧富の差が出ていると言われていますが、

    裕福に越したことはあるかも知れませんが、


    万が一、願わざる貧の生活環境にいる

    子供達でも、
    今の厳しい環境の中から、

     

    神知て(感じて)、真に似て(学び)、
    裕福になる科学的方法を

    どんな裕福なヒトよりも、

    幼い頃から学び取ることができれば、

    その時点で人生で学ぶべき成功法則を

    学び終える可能性があります。

     

    その方法を、全開教育でも

    お伝えして、しあわせ全開な社会を

    作り出したいと思っています。(^_^)。

     

    *ちなみに、私は、

    40歳で独立してから、

    「貧乏」を味わい、

    40歳から学び取って来ましたが、

    21歳までに、神知て(感じて)学べる

    ことが理想だったと感じています。

     

     

     

    皆様の『愛と能力』の全開を果たし、
    「しあわせ全開」を支援させて下さい。

     

    /どんな現状からでもお子様を粘り強く「神童」に育てるフル個別対応全開教育プログラム『光る』

    http://gs0.gzenkai.com/

     

    /世界初!あなたの『脳』を全開脳にする全開教育法『音絵字法』

    http://otoeji.gzenkai.com

     


    無償の資料と試用版を申し込んでみませんか?

    【無料お試し 及び 無料資料の御送付】

    http://gs0.gzenkai.com/index.php?go=VsNuyb


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『しあわせになる』 | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/690
    トラックバック