Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子育てに、オノマトペを活用する(^^♪。
0

    様々なサウンド
     

    オノマトペは御存じでしょうか?


    オノマトペは、フランス語で、
    『サー』と掃除をした。
    『キラキラ』輝いてるね。
    ・・・
    など、擬音語・擬態語のことです。

     

    私は、コトタマの持つ効果と同値であると

    考えています。


    音と心の動き
    音と身体の動き

    をこのオノマトペでうまく回すことが出来ます。

     

    この関係をうまく活用すると子育てが楽しく、

    楽になります。

     

    一番経験しているのが、

    「シ―」です。

    赤ちゃんに「シ―」と言えば、

    おしっこを自然に促す効果があります。

    子育て中に良く使った言葉です。(^_^)。

     

    大人に「シ―」と言えば、

    シのコトタマに反応して、

    「シズカ」(静か)にしようと相手の身体が

    反応します。

     

    「シ」には、「志」から、「死」まで、

    意味するところがあり、一番深いコトタマの

    一つとなっています。

     

    「シ」と「ジン」のコトタマを本当に理解できると

    「シジン」、つまり「詩人」になれるくらいです。

     

     

    日常生活の中に、オノマトペ、

    コトタマを取り入れると、子育てや、生活が

    音の持つ効果で、楽しくなりますので、

    ぜひ、意識して取り入れて見て下さい。

     

     

    一つの応用例として、

     

    【受験、資格試験にコトタマを活用する方法】

     

    ●上ずった心を落ち着かせる方法

     

     『シ』の活用
     
     目を閉じて、シンシンと降ってくる雪景色を
    思い出します。

     静かに「シ―」と発声します。
    すると、だんだんと心は静(シズ)まります。
    そして、心に芯(シン)が立ってきます。

     

     立ってきた心棒(心柱)を響かせます。

     


    ●問題が分からない時、心を切り替える方法

     

    フホハヘヒの活用

    「フ」…フーと息を吐き、緊張をとき

    「ホ」…ホッと一息入れ

    「ハ」…なんだそうだったのか、ハハハハハ…と笑えば、気持ちが明るくなり

    「ヘ」…考える視点を変(ヘン)化させて、問題を捉え直して見る

    「ヒ」…すると、問題の回答がすっとヒラメキ、見えて来る

     

     

    TVにも出演されていますが藤野教授がオノマトペの活用に
    ついて書かれた本が下記です。


    子どもがグングン伸びる魔法の言葉 (祥伝社黄金文庫)

    http://amzn.to/2hnip7Y


     

     

     

     

    皆様の『愛と能力』の全開を果たし、
    「しあわせ全開」を支援させて下さい。


    *現在、脳力全開兇蓮

    3万近くする生命サウンドシステムを

    お付けするクリスマスキャンペーン中です。

    http://dejisoku.gzenkai.com/

     

     

    /どんな現状からでもお子様を粘り強く「愛情あふれる天才」に育てるフル個別対応全開教育プログラム『光る』

    http://gs0.gzenkai.com/

     

    /世界初!あなたの『脳』を全開脳にする全開教育法『音絵字法』

    http://otoeji.gzenkai.com

     


    無償の資料と試用版を申し込んでみませんか?

    【無料お試し 及び 無料資料の御送付】

    http://gs0.gzenkai.com/index.php?go=VsNuyb


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

     

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『しあわせになる』 | 04:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/676
    トラックバック