Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生活の中に火(ヒ)を取り入れる
0

    ヒトには、「ヒ」が、

    必(ヒ)須である

     

     

     

     

     

     

     

    おはようございます! 

    今週も残り3日、頑張ろう!(^_^)。

    今日も、1日1%成長しましょう。

     

    元気がないなと思う時、

    まずは、「ヒ」のコトタマを思い出すと

    心に火(ヒ)が灯ってきます。(^_^)。

    -------------------------------
     1  2  3  4  5  6  7  8  9 10
    霊 分 実 世 意 睦 成 弥 凝 統
    ヒ フ ミ ヨ イ ム ナ ヤ コ ト
    -------------------------------

    というように、物事は、
    「ひ(火、日、燈)」から出発します。

     

    子供にも漢数字とともに、

    ヤマト言葉の数え方を絶対に教えましょう。

     

    この中に、成功哲学の10ステップの

    深い教えが入っています。


    ヒトは、ヒ(火)から始まり、10(ト、統)に
    トウ(到)達出来ることを教えてくれています。

    ヒトには、一番ヒ(火、日、燈)が大切です。


    しかし、家の中には、昔のような、

    炎を伴った「火」を見ることが少なくなりました。


    人はお日(ヒ)様の光(ヒカリ)がないと

    生きられないように、
    人は、「火」(ヒ)と対面することで、
    元気を与えられるようになっているようです。

    家の中に存在する炎を伴った「火」は、
    家の中のお日様(太陽)のようなものです。


    そこで、我が家でも、子供時代に使っていた
    火鉢を昨年から引っ張りだして使うようになりました。


    (火事だけは気を付けて下さい。火事に神経を
    使うので逆にボケ防止にもなるかも知れません。
    消火器も期限もチャックして常に玄関においています。)

    火鉢を入れることで、炎と直接対面できることで
    元気を与えられています。

    そして、下記の写真のように、お餅を焼いたり、
    かき餅を焼いたり、おでんを煮込んだり、
    火鉢の回りに家族の楽しい団らんが拡がります。\(^o^)/。

    直接、火の通った食べ物は、味も美味しいのですね。

    デジタルが進んでいるからこそ、それと同じぐらい、
    愛と能力の全開のためにも、アナログの生活を取り戻す
    必要があると考えています。
     

     

    皆様の『愛と能力』の全開を果たし、
    「しあわせ全開」を支援させて下さい。


    *現在、脳力全開兇蓮

    3万近くする生命サウンドシステムを

    お付けするクリスマスキャンペーン中です。

    http://dejisoku.gzenkai.com/

     

     

    /どんな現状からでもお子様を粘り強く「愛情あふれる天才」に育てるフル個別対応全開教育プログラム『光る』

    http://gs0.gzenkai.com/

     

    /世界初!あなたの『脳』を全開脳にする全開教育法『音絵字法』

    http://otoeji.gzenkai.com

     


    無償の資料と試用版を申し込んでみませんか?

    【無料お試し 及び 無料資料の御送付】

    http://gs0.gzenkai.com/index.php?go=VsNuyb


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『しあわせになる』 | 05:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/671
    トラックバック