Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
一日の朝は、夫婦愛から始まる(一例)
0

     

    夫婦の愛は、

    宇宙の全陽性と

    宇宙の全陰性との

    永遠の交わり

     

     

     

     

    15年前、私が音に出会うまでは、

    常にあらゆることを心配し、

    深刻な顔をして、「アハハ」と笑うことも
    ありませんでした。(^_^)。

     

    笑っても「へへへ」というような、
    「ア」の母音で「アハハ」と笑うのではなく、
    「エ」の母音で笑うような人でした。

     

    それが、音をベースにした「全開ライフ」
    のお陰で心は柔軟になり、良く笑うようになり、
    妻に対しても子供達に対しても、接し方が
    激変しました。

     

    これは、自分でも驚くべきことです。
    15年前の自分とは、とても思えません。!(^^)!。

     

    菊池夫婦の
    現在の日常の夫婦の暮らしは、
    朝6時に、二人で、神様(宇宙)と御先祖に対して
    挨拶をして、しあわせ宣言文を唱えます。

     

    それから、二人で向かい合って挨拶をして、ハグ(キス)をします。

    「神様(宇宙)と御先祖に対して」
       これが、縦糸に当たります。
    「二人で向かい合って」
       これが、横糸に当たります。
       
    朝の挨拶で縦糸と横糸を組むという感じです。
    すると、四点が明確に定まるので
    安心した「四あわせ(しあわせ)」を感じることが出来ます。


    神(宇宙)
    夫 - 妻
     子供
     

    日本語は本当に良く出来ています。(^_^)。

     

    日本語をよくコトタマから理解すると、
    しあわせな人生を送る方法が込められていると
    実感する毎日です。


    話を元に戻すと、

    二人で向かい合って挨拶をして、

    ハグ(キス)をした後は、
    音楽(NHKBSの多言語放送なども含めて)を
    聴きながら、コーヒーを飲みます。

     

    コーヒーを飲みながら、
    一日の予定を話し合います。

    そんな感じで夫婦愛の一日がスタートしています。


    どちらかが、いつか、いなくなると
    本当に寂しいことだと思いながら、
    貴重な時を過ごしています。


    皆さんの御夫婦の朝は、どんな感じでしょうか?(^_^)。
     

    皆様の『愛と能力』の全開を果たし、
    「しあわせ全開」を支援させて下さい。


    *現在、脳力全開兇蓮

    3万近くする生命サウンドシステムを

    お付けするクリスマスキャンペーン中です。

    http://dejisoku.gzenkai.com/

     

     

    /どんな現状からでもお子様を粘り強く「愛情あふれる天才」に育てるフル個別対応全開教育プログラム『光る』

    http://gs0.gzenkai.com/

     

    /世界初!あなたの『脳』を全開脳にする全開教育法『音絵字法』

    http://otoeji.gzenkai.com

     


    無償の資料と試用版を申し込んでみませんか?

    【無料お試し 及び 無料資料の御送付】

    http://gs0.gzenkai.com/index.php?go=VsNuyb


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

     

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 『しあわせになる』 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/669
    トラックバック