Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
介護を楽にするため、家を歌わせる
0

    心の宇宙

    母音の五階層図

     

     

     

     

     

     

     

    /介護を楽にするため、家を歌わせる/

     

    理想的な家の中の音環境について

    思い続けていることは、家が歌っているという感覚です。

     

    ディズニーの映画ではないですが、

    家全体が歌っている家で、何か悪いこと
    不幸なことが起こるでしょうか?

     

    呆け、認知症、不眠などが起こるでしょうか?

     

    きっと、そうなることを予防してくれると思います。

     

    今、介護で苦労されている方も、

    家全体が歌っているような感覚となるように、

    豊かな音響装置を導入してみてください。

    (弊社に御相談頂ければ、5万円以内で御提案しています。)

     

    寝ている人も、豊かな音楽の波動を受けて、

    寝ているのが惜しくなり、起き出したくなります。

    心も身体も動かしたくなります。

    それが、音の波動の持つ凄い力です。

    人の心も身体も動かす力を持っています。

     

    そして、更に良いところは、

    介護している人の心も身体も楽になることです。

    今日は何の曲が流れるかな思いだけで

    楽しくなりませんか?音楽は無限です。

    介護される方、介護する方も、

    介護の時間を豊かな音楽鑑賞の時間に変換する

    ことが出来ます。

     

    そして、介護だけでなく、

    勉強嫌いな子供、感性の鈍い人が育つでしょうか?
    きっと、心が豊かで、感性も鋭い

    愛情あふれる天才が育っていくと思います。


    玄関に入ると小川のせせらぎが流れ、

    台所に行くと、波の音が打ち寄せていて、

    2Fに上がると鳥の声が聞こえる。

     

    24時間自然音に包まれ、

    その上に、名曲が流れる、

     

    そして、必要な時には、

    住む人を育てる暖かいコトタマの入った音声が流れてくる。

     

    そんな理想的な家の音の中の環境を夢見ています。

     

    その一端を実現するために

    8年程掛けて開発してきたのが、
    【家の中に豊かな音を響かせる生命サウンドシステム】
    http://sound.gzenkai.com/

    です。

     

    健康長寿で、

    深いEQの元、高いIQを育てるためには、

    それに相応しい音環境が
    まずは、人にとって必要なのです。

     

     

     

    皆様の『愛と能力』の全開を果たし、
    「しあわせ全開」を支援させて下さい。


    *現在、フル対応個別全開教育プログラムの
    12月度の参加者を募集しております。
    御参加希望者をお待ちしています。
     

     

    /どんな現状からでもお子様を粘り強く「愛情あふれる天才」に育てるフル個別対応全開教育プログラム『光る』

    http://gs0.gzenkai.com/

     

    /世界初!あなたの『脳』を全開脳にする全開教育法『音絵字法』

    http://otoeji.gzenkai.com

     


    無償の資料と試用版を申し込んでみませんか?

    【無料お試し 及び 無料資料の御送付】

    http://gs0.gzenkai.com/index.php?go=VsNuyb


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | - | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/668
    トラックバック