Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今日は、実りを受け取る土曜日です。
0

     

     

    産土神社からの

    平地会心の景色

     

     

     

     

     

    一週間を日曜日から始まっていると

    捉えると、今日は、

    実りを受け取る土曜日となります。

     

    一週間は、7日間。

    なぜ、7日なのか不思議にずっと思っていました。

     

    理由は分かりますか?

     

    トマティス博士から

    音が人の能力を全開する鍵となることを

    知りました。

     

    その時、頸椎(ようつい)が

    七つの骨で構成されている

    ことを知りました。

     

    この7という数字が

    身体の軸となる脊椎(せきつい)を

    形成している事を知り大変に驚きました。

     

    人は、一週間を7日間のリズムで

    西洋音階も、ドレミファソラシと7音となり、

    色は、赤橙黄緑青紫黒の7色となり、

    すべての7に繋がっていることに、

    天地自然の真理を垣間見る思いでした。

     

    最近、とみに嬉しい御報告を頂いています。

    全開ライフは、「しあわせ全開」を目指しているため、

    単に全開脳になるだけではなく、御家庭の抱える

    様々な課題(苦難)が解決されていっています。

    開発者として、皆様の御家族がしあわせになって

    いかれるのが本当に嬉しいことです。

     

    /報告例/

    1.妻としてはとても嫌だったが諦めていた
      御主人のパチンコ通いが、止まった。
      もうパチンコは止めたと言われた。
      奇跡に近いとのことでした。
      
    2.子供達のために、
      御主人も一緒にデジ速を聴くことになった。

     

    3.2ヶ月に起こった人生最大の転機といえる出来事
      が起こった。
      
    4.自分の悩みより他人の悩みが心配な自分になっている

     

    5.音絵字脳構築講座を学び実践し始めてから、
      良いことが次々に引き寄せられるように起こり始めた。
      子供達も全開ライフに取り組み始めた。

      (追記)

      この家族は、子供5人で、夫婦愛にも満ちている
      話をお聴きしました。
      毎朝仕事に出かける時に、子供達の前で
      夫婦でいつもキスをして出発するのだとそうです。
      それが良い性教育にもなっていて、
      子供達も素直にスクスクと育っているそうです。
      全開が願っている夫婦愛全開ライフです!!!
      

    皆様お一人お一人の『愛と能力』の再生そして全開へとサポートさせて頂いています。

    皆様のご家族のしあわせな人生とグローバルサクセスを祈念致しております。

     

     

    /どんな現状からでもお子様を粘り強く「愛情あふれる天才」に育てる『ゴールデン脳力全開競札奪函『光る』

    http://gs0.gzenkai.com/

     

    /世界初!あなたの『愛と能力』を全開する全開教育法『音絵字法』

    http://otoeji.gzenkai.com

     


    無償の資料と試用版を申し込んでみませんか?

    【無料お試し 及び 無料資料の御送付】

    http://gs0.gzenkai.com/index.php?go=VsNuyb


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

     

     

     

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 【商1】脳力全開 | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/666
    トラックバック