Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ヒトは万物の霊長と言われ、動物にはない「霊」を持つので、ヒト(霊止)と言われる
0
     昨日は38億年の進化を扱ったTV(前半部分)を見ました。

    そこで、ヒトを動物とは異なる「霊」を持った存在として
    理解して、伝えるべきではないかと強く感じました。

    ヒトは、
    「霊」が恰も洋服のような殻(カラ)である身体(カラダ)に
    「止」ったので霊止(ヒト)、と言われるようになりました。


    「霊」は丹波哲郎さんが映画を作られたように、
    死ぬこともなく、永遠の命を持っています。
    (「魂」は、賜りし霊が語源です。)

    動物の世界をそのままヒトに当てはめると、
    男女の愛も性も子孫を生み増やすためにと
    身体の永続に重きをおいて認識してしまう恐れがあります。

    ヒトは万物の霊長として、もっともっと貴い存在として
    捉える必要があると思います。

    男と女の交わりは、殻の身体に重きを置くのではなく、
    心(愛)に重きを置いて、嬉しく美しく楽しく豊かに
    捉えるべきものと考えます。


    私は、中学の頃から、これらの問題に悩んでいました。
    なぜ、男女にヒトは分かれているのか?
    結婚とは一体どんな意味があるのか?
    死んだ後夫婦は一体どういう状態でいるのか?

    ・・・
    などです。

    男女の愛の根本を明らかにしたかったのです。

    そこで、出会ったのが、下記の書籍です。

    □結婚愛(イマニエル・スエデンボルグ 静思社)
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4900449113/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4900449113&linkCode=as2&tag=glabocojp-22


    結婚愛の85ページから、真の結婚愛について、
    書かれています。


    この本のお陰で、
    男女の愛は永遠であり、その愛は死後もそのまま続く。
    陰陽の二人の人が、あたかも一人に見えるほどに、
    夫婦愛を深めることで、夫婦の魂は一つになっていける」
    ことを
    強く自覚できました。

    結婚前にあの世まで続く愛の世界を知ることができ、この知識は、
    とても結婚生活に良い影響を与え続けてくれていると思っています。

    101ページとなりますが、それは、こんな記述でした。

    男は答えた、
    『私たちは一人です。彼女の生命は私の中にあり、私の生命は
    彼女の中にあります。私たちは二つの身体ですが、1つの魂です。
    私たちの結合は心臓と肺臓と呼ばれる胸の中の二つの室(テント)
    の結合のようなものです。彼女は私の心臓であり、私は彼女の
    肺臓です。しかし、心臓によってここの私たちは愛を、肺臓に
    よって智慧を意味していますため、彼女は私の知恵であり、
    私は彼女の愛の知恵です。そこで彼女の愛は外から私の智慧を
    おおており、私の智慧は内的に彼女の愛の中にあります。ここから
    あなたの言われたように私たちの顔の中に二つの霊魂がひとつの
    ものとなって現れているのです』。

    そこで私はたずねた、
    『もしその結合がそうしたものですと、あなたはあなた自身の婦人
    以外の婦人をたれか眺めることができますか』。

    かれは答えた、
    『できます、でも私の妻は私の霊魂と結合していますため、
    私たち二人が共になって見ますので、欲望は何ら入ることが出来ません。

    なぜなら私は他の人の妻を眺めるときは、私の妻を通して−−−
    この妻のみを愛しているのですが−−−その人を眺めるからです。
    そして私のものである彼女は私の心の傾きをすべて認めていますため、
    媒介者として私の思いを左右し不調和なものは全て斥け、不貞なものは
    すべて恐れさせ、これに冷淡にさせます。それで冥府の陰から私たちの
    天界の光を眺めることが不可能であるように、ここにいる私たちには
    色情をもって友の妻を眺めることは不可能なのです。それで私たちには
    淫らな愛の誘惑を考えることなく、ましてそれを表すどのような言葉も
    ありません』。

    かれは姦通ということはできなかったのである、なぜなら彼らの
    天界の貞操がそれを妨げたからである。

    -----------------------------------------------------

    独身の若者が増えていますが、

    結婚の素晴らしさ、
    男女が信じあい、心(魂)で愛しあうことが
    どんなに素晴らしいことか、
    真実を知ってほしいと切に願っている次第です。


    /才能開花・ジンセイ全開を実現する/
    http://dejisoku.gzenkai.com
     
     
    皆様のご健康と豊かで幸せな人生を祈念致しております。


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

    アキのプログ『愛情あふれる天才を育てる』
    http://blog.gzenkai.com/
    にアップしている記事が、twitterと連動されています。
     
     
    posted by: 開喜男(あきお) | 【柱2.愛】配偶者と子を得て、家族愛を成就する | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/549
    トラックバック